あおき内科クリニック

  • 診療時間
  • 9:00-12:00
  • 15:00-18:30

◎土曜 9:00~13:00
休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後

クリニックブログ

初詣

今年も初詣に近所の神社に行ってきました。昨年のおみくじは「末吉」でしたが、今年は「中吉」と上昇傾向、内容もまあまあ、パンパンと色々とお願いしてきました。

皆様の2018年の抱負はいかがでしょうか。素敵な1年になりますように願っております。

院長

謹賀新年 2018

新年あけましておめでとうございます

おかげさまで昨年2月の開業から10ヶ月が経ち、新たな年を迎えることができました。人間の成長に例えると10ヶ月はようやくつたい歩き、前歯が生え始めたくらいでしょうか。まだまだ未熟なクリニックではありますが、今年はさらなる成長を目指して地域の方々に貢献できるようにと思っております。プライベートに関しては、昨年は釣りもあまり行けなかったし全く家族サービスができなかったので、今年は小旅行でも行けたらいいなぁ〜と考えております。

新年は1月5日(金)より通常診療を開始いたします。よろしくお願い申し上げます。

院長

2日目のカレーは美味い

2日目のカレーが美味いのは、野菜や肉から溶け出す「うま味」がルーの中に溶け出し、煮崩れした具材から「とろみ」を増すでんぷんや繊維質によってコクが生み出されているためみたいですが、そのまま鍋に入れた状態で放置してるとルーの中で食中毒の原因となるウエルシュ菌もすごい勢いで増殖してしまいます。先日、2日目のカレーを食べてお腹を壊した方が受診されたので、ここで原因と予防についてまとめておきましょう。

ウエルシュ菌はジャガイモ、ニンジン、魚、肉に付いている菌で作りたてのカレーでは熱により死滅状態にありますが、一部の菌は芽胞(殻に守られる)に変化して生き延びてます。カレーをそのまま常温で放置するとゆっくりと冷やされ、芽胞から菌へ変化して急速に増殖していきます(45℃で1時間で約64倍、2時間で約4000倍…8時間でなんと約280兆倍!)。この “ゆっくり冷やされ” が菌にとって増殖するいい条件で、少ない芽胞の状態ですぐに冷蔵保存することが肝心です。また菌は空気が嫌いで熱に弱い特徴を持ってますので、2日目以降の美味いカレーを安全に食するために、この3点の特徴を押さえて以下のようにすると良いでしょう。ちなみにカレー以外でもスープ、チャーシュー、肉団子、野菜の煮物などでも感染の報告があります。

①冷める前に素早くできるだけ空気に触れるように小分けにして冷蔵保存すること

②食べる前には空気に触れるようによくかき混ぜながら十分に煮込むこと

ブログを書きながら、子供の頃にCMを通して頭の中にすり込まれた「おせちもいいけどカレーもね」というフレーズを思い出しました(^^)     年中食べているカレーをお正月にも食べろというやや強引なやり方ですが、こんな内容を書いた手前おせちに飽きたらカレーですかね…そもそもおせちが出るかどうか….確か今回は出る予定です( ͡° ͜ʖ ͡°)

院長

風邪の長引く咳

気温の低下、空気の乾燥が強くなり油断するとすぐに風邪のひいてしまう季節になりました。風邪の後「咳が続く」といった経験をされる方もいると思いますので、今回は咳の話をします。

咳は持続期間で3つに分類されます。3週間以内を急性咳嗽(がいそう)、3〜8週を遷延性咳嗽、8週以上を慢性咳嗽といいます。急性咳嗽の原因として最も多いのは感染性咳嗽で、遷延性・慢性咳嗽の原因の多くは咳喘息で、次いでアトピー咳嗽副鼻腔気管支炎症候群感染後咳嗽胃食道逆流症などが挙げられます。風邪の後の長引く咳のほとんどは感染性咳嗽で通常は自然に軽快しますが、中には夜間に咳込みが連日続き睡眠不足になる方もいますので、その場合は中枢性鎮咳薬、漢方、ヒスタミンH1受容体拮抗薬をしばらく内服していただくこともあります。他、感染に関連した咳は副鼻腔気管支炎症候群があり文字通り慢性副鼻腔炎に合併した気管支炎でマクロライド系抗生物質の長期内服の適応となります。またよく耳にする咳喘息は感染ではなく季節の変わり目、温度変化、受動喫煙などによって慢性的な咳が夜間〜明け方に強くみられるのが特徴で、治療は吸入ステロイドを使用し、30〜40%は気管支喘息へ移行してしまうこともありますので1〜2年は継続した吸入治療が必要になります。

何れにしても長引く咳に対しては、レントゲン検査が必要になることもありますのでお困りでしたらご相談ください。

院長

流行前にインフルエンザ、ノロウイルスの感染拡大の予防の確認を

冬になると流行するインフルエンザとノロウイルス。一人かかると家族全員が次々と感染して、冬休み、クリスマス、お正月、旅行の計画も台無しになってしまうかもしれませんので、流行前に家庭内でできる感染拡大の予防法をおさらいしておきましょう。

インフルエンザは飛沫感染、唾液を介した接触感染で拡大していきますので、手洗いとアルコール消毒が重要です。インフルエンザにかかった人はマスクを着用して、咳、鼻水などを空気中にばらまかないことが第一ですが、マスクを嫌がるお子さんもいますのでその場合はある程度の隔離状態にしてみんなが予防的にマスクを着用するのも有効と思われます(注:治療中の異常行動もありますので大人の付き添いは必要です)。一方、ノロウイルスですが、かかった人の嘔吐物や下痢便に大量のウイルスが含まれていますので、インフルエンザより感染してしまう機会が多いです。飛沫したウイルスを吸い込んで感染するので、これらの処理は二重でもいいのでしっかりとマスクと手袋を着用して捨てられるタオルや雑巾で吐物を拭きとりビニール袋に入れ完全に密封して下さい。その後は落ち着いて0.02〜0.1%次亜塩素酸(ハイターなど)を使用して、汚れた毛布、トイレの便座裏、床、ドアノブ、カーペットなど入念にスプレー・つけ置きして消毒をしていくのがよいです。

以上、簡単にまとめましたが、ご家族が罹患しても慌てずに感染拡大の予防に努めましょう。

院長

住所
〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3-26-12
高井戸医療ビル2F
電話番号
03-3332-2525
アクセス
京王井の頭線 高井戸駅より徒歩5分
  • 診療時間
  • 9:00-12:00
  • 15:00-18:30

◎土曜 9:00~13:00
休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後