杉並区 高井戸 あおき内科クリニック 骨粗しょう症 骨塩定量検査 骨密度 骨折

あおき内科クリニック

  • 診療時間
  • 9:00-12:00
  • 15:00-18:30

◎土曜 9:00~13:00
休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後

Doctor's blog
10月
01020304050607
08091011121314
15161718192021
22232425262728
29303101020304
11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
  • ※土曜日は9:00~13:00までとなります
  • …休診
  • …午前休診
  • …午後休診

骨粗しょう症 / 骨塩定量

骨粗しょう症とは、老化やカルシウム不足、運動不足、喫煙、飲酒、閉経(女性ホルモンの減少)などが原因となって、骨量が減少し骨がスカスカでもろくなる疾患です。わずかな衝撃で簡単に骨折してしまうため、初期のうちは自覚症状がなく、骨折して初めて骨粗しょう症であることがわかるケースも少なくありません。

骨塩定量

骨粗しょう症の評価には、一般的に骨塩定量検査、骨代謝マーカー検査、X線検査、身長測定などが行われます。当院では、被曝が最も少ない手の骨(中手骨)のX線フィルムでの濃度定量法(DIP法)により骨密度の測定を行なってます。

女性の方は50歳になる前に検査を

骨は毛髪、肌と同様に新陳代謝を繰り返し、古くなった骨を壊す細胞と新しい骨をつくる細胞のバランスで骨量が安定し強さが保たれています。閉経により女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少してくると、骨を壊す細胞の働きが盛んになり、このバランスが崩れ骨がスカスカの状態になってしまいます。閉経を迎える50歳前後から骨量は急激に減少し始めますので、一度は骨粗しょう症の検査(骨折リスク)をお勧めします。

住所
〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3-26-12
高井戸医療ビル2F
電話番号
03-3332-2525
アクセス
京王井の頭線 高井戸駅より徒歩5分
  • 診療時間
  • 9:00-12:00
  • 15:00-18:30

◎土曜 9:00~13:00
休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後