杉並区 高井戸 あおき内科クリニック 自費診療 AGA プラセンタ まつ毛治療

あおき内科クリニック

  • 診療時間
  • 9:00-12:00
  • 15:00-18:30

◎土曜 9:00~13:00
休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後

Doctor's blog
11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506
  • ※土曜日は9:00~13:00までとなります
  • …休診
  • …午前休診
  • …午後休診

自費診療

当院では、以下について対応しております。ご希望の方はお問い合わせください。

にんにく注射

スポーツ選手の間で流行ったのがきっかけで、にんにく注射の名前が浸透してますが、現在ではサラリーマンを中心に打つようになってきてます。ビタミンB1(にんにくの主成分)によりにんにく臭が感じられますが、受けた本人だけが感じられるもので、周囲の人には影響はありません(名前の由来はこの臭いからついたもので、にんにくをそのまま注射することではありません)。夏バテ、疲労回復、お肌の荒れ、ニキビ、肩こり、腰痛、冷え性、二日酔いに効果が期待できます。効果の持続は個人差があり、一般的には3日前後と言われています。注射をしてから1週間は経過をみて、その効果の具合によって週1~3回の目安を決めていただくのがよろしいかと思います。当院のビタミン注射の中身はビタミンB1、B6、B12、Cで一般的なサプリメントでも補充できるビタミンですが、疲労した身体では腸の働きも低下しており、しっかり腸から吸収されないことがありますので血管から確実に補充した方が効果が高いです。副作用はほとんどありませんが、ごくわずかに血管痛を自覚したり、下痢、頭痛、発疹が出る場合もあります。

  用法用量 料金
にんにく注射
(Vit.B1、B6、B12、C)
約20cc静脈注射 1.500円(税込)

AGA

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」の意味です。成人男性にみられる髪が薄くなる状態のことで、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、もしくは双方から薄くなってきます。主な原因は男性ホルモンで、脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、ヘアサイクルの成長期を短縮させてます(3年→6ヶ月)。このため、細く短い成長しきれていない髪の毛が多くなり薄毛が目立つようになります。AGA治療薬はDHTを減らす作用でこの成長期を延長させ抜け毛を減らし、本来のヘアサイクルを保つようにしています。副作用は男性機能の低下、肝機能障害などです。詳細につきましては、http://hatsumo-web.jpもしくはhttp://www.aga-news.jpをご参照ください。当院では3種類の治療薬をご用意しております。各々の特徴・料金につきましては以下の通りで、1ヶ月内服して副作用などなければ、希望により2ヶ月分の処方まで可能です。

  用法用量 料金 特徴
デュタステリド0.5mgカプセル 1日1回 30カプセル 10.000円(税込) フィナステリド1mg錠の1.6倍の効果
フィナステリド1mg錠 1日1回 28錠 8.500円(税込) 2005年より販売
フィナステリド(後発品)1mg錠 1日1回 28錠 6.000円(税込) フィナステリド1mg錠の後発品

※ご注意

  • 未成年には処方できません。
  • 効果の目安は6ヶ月です。効果がみられない場合は服用を中止したほうがいいです。
  • 6ヶ月間は献血は避けてください。
  • 6ヶ月以上の服用で前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA値を下げてしまうことがありますので、検査の際は担当医に内服している旨をお伝えください。

プラセンタ(注射・内服)

プラセンタは胎盤から抽出したエキスで、アミノ酸、たんぱく質、脂質、糖質といった栄養素はもちろん、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素といった胎児の生育には欠かせないあらゆるものが含まれています。このうち核酸は遺伝子の修復や新陳代謝の調整といった作用がありエイジングケア効果をもたらす栄養素として知られています。他にも抗酸化作用のある活性ペプチド、細胞と細胞を繋いで健康な肌をつくるヒアルロン酸、成長因子なども含まれております。

自律神経やホルモンバランスを調整、組織修復作用、免疫力亢進、抗アレルギー作用、抗炎症作用、細胞の活性化、肝機能の改善、活性酸素の除去に効果があるとされ、エイジングケアとくに美容効果で注目を集めており、当院では注射薬と内服薬を扱ってます。注射は、最初の1ヶ月は週に1~3回で開始していただき、効果が見られるようでしたら以降は週に1回に切り替えていきます。内服は最初の1ヶ月は注射で効果判定をしていただいてからの内服への切り替えも可能ですし、注射が苦手な方、通院するのが大変な方には最初から内服薬で開始することも問題ありません(内服の場合は、献血はできますし、同意書の作成は必要ありません)。

どちらも院内処方となりますので、ご希望やご相談のある方は必ずお問い合わせ(03-3332-2525)をお願いします。

  用法用量 料金
プラセンタ注射 1回2アンプル(4ml)
皮下注もしくは筋肉注
2,200円(税込)
プラセンタ内服 1日4カプセル内服
120カプセル(30日分)
15,120円(税込)

※ご注意

  • 1974年の発売より現在までプラセンタによる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の感染の報告はありませんが、感染のリスクをできるだけ少なくするために日本赤十字社では献血時に慎重な予防的対応を行なっておりますので、使用中の献血はご遠慮ください(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0824-3.html)。
住所
〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3-26-12
高井戸医療ビル2F
電話番号
03-3332-2525
アクセス
京王井の頭線 高井戸駅より徒歩5分
  • 診療時間
  • 9:00-12:00
  • 15:00-18:30

◎土曜 9:00~13:00
休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後