杉並区 高井戸 あおき内科クリニック 予防接種 インフルエンザ 肺炎球菌 ワクチン

あおき内科クリニック

  • 診療時間
  • 9:00-12:00
  • 15:00-18:30

◎土曜 9:00~13:00
休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後

Doctor's blog
11月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
12月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506
  • ※土曜日は9:00~13:00までとなります
  • …休診
  • …午前休診
  • …午後休診

予防接種

インフルエンザワクチン(3歳以上)

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまで約2週間かかりその効果は約5ヶ月間は持続します。流行は例年1月上旬から3月上旬ですので、逆算して毎年12月中旬までには接種しておくのが望ましいです。65歳以上の高齢者インフルエンザワクチンは一部公費負担の対象になっております。詳細につきましては、こちらをご覧ください。

  用法用量 料金
3歳~12歳 1回0.5mL、2-4週の間隔で2回皮下注 1回 3.000円(税込)
13歳~64歳 1回0.5mLを1回皮下注 3.000円(税込)
65歳~ 1回0.5mLを1回皮下注 2.500円(助成・税込)

乾燥弱毒生水痘ワクチン

帯状疱疹は、水痘(みずぼうそう)と同じ、水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こる疾患です。日本人の9割以上は水痘に感染しており、治癒後に脊髄の神経節に長期間潜伏しています。疲労や加齢などをきっかけに免疫が低下すると、潜伏していたウイルスが活性化して帯状疱疹を発症します。身体の左右どちらか片側に出ることが多く強い痛みを伴う発赤した水疱がみられます(初期には水疱がなく痛みだけの場合もあります)。日本では50歳以上の発症が約7割を占め、高齢になるほど重症化し慢性的な神経痛に何年も悩まされることが多くあります。また発症する神経の場所により、角膜炎、眼瞼下垂、顔面神経麻痺、脳炎、運動麻痺などの合併症も引き起こされることもあります。

※ご注意

  • 厚労省では、対象を50歳以上としております。
  • 帯状疱疹の既往のある方でも接種可能です。
  • 37.5℃以上の発熱のある方、重篤な急性疾患にかかっている方、過去に本剤に対してアナフィラキシーを起こしたことがある方、免疫機能に異常を起こす疾患に罹患していたり、免疫抑制をきたす治療を受けている方、妊娠している方、は接種不適当者に該当します。
  • 妊娠希望の方はワクチン接種から2ヶ月以内は妊娠をしないようにしてください。
  • 周囲に感染者が出た場合、3-5日以内に予防接種を受けると、感染しても軽症ですむとされています。
  • 生ワクチン(麻疹風疹混合、おたふくかぜ、黄熱など)を接種した方は、干渉作用により4週間以上間隔をあけて接種した方がよろしいです。一方、不活化ワクチン(インフルエンザ、肺炎球菌、日本脳炎、B型肝炎など)の場合は接種より1週間以上の間隔で接種可能です。
  • 口唇ヘルペスや性器ヘルペスの原因である単純ヘルペスウイルスは、水痘・帯状疱疹ヘルペスウイルスとは異なるウイルスです。
  用法用量 料金
乾燥弱毒生水痘ワクチン 0.5mL 1回皮下注 8.000円(税込)

肺炎球菌ワクチン

肺炎の原因菌で最も多いのが肺炎球菌です。肺炎は日本人の死亡原因の第3位を占め、高齢者や基礎疾患を持つ方などが肺炎に罹患すると重症化することもあります。ワクチンの有効性は5年以上とされてますが、高齢者や基礎疾患を持つ方はワクチンの効果が速く低下するため、初回の接種から5年以上経過した場合には再接種をお勧めします。

※ご注意

  • 高齢者を対象とした成人用肺炎球菌ワクチンは、予防接種法に基づく「定期接種」です。対象期間内に市区町村の契約医療機関や保健所で接種すると、「公費助成」が受けられます。杉並区の高齢者肺炎球菌予防接種の詳細につきましては、こちらを参照ください。
  用法用量 料金
肺炎球菌ワクチン 0.5mL 1回筋注、皮下注 4.000円(助成・税込)
    8.500円(自費・税込)

おたふくかぜ生ワクチン

おたふくかぜの正式名称は流行性耳下腺炎といってムンプスウイルスが主に耳下腺(唾液腺)に感染して1週間程度の腫れと高熱がみられる感染症です(2割程度の割合で感染しても症状が出ない方もいます)。耳下腺以外の場所に感染した場合には、難聴(0.01-0.5%)、脳炎(1%未満)、髄膜炎(1-10%)、膵炎(10%未満)、精巣炎(20-40%)、卵巣炎(5%)などが起こされることが知られています。

※ご注意

  • おたふくかぜは、終生免疫といって一度かかったら二度とかかることはないとされています。繰り返すようであれば、他のウイルス(コクサッキー、パラインフルエンザ、EBなど)や細菌による耳下腺炎である可能性もあります。
  • 妊娠希望の方はワクチン接種から1ヶ月以内は妊娠をしないようにしてください。
  用法用量 料金
おたふくかぜ生ワクチン 1回0.5mL皮下注 7.000円(税込)
住所
〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3-26-12
高井戸医療ビル2F
電話番号
03-3332-2525
アクセス
京王井の頭線 高井戸駅より徒歩5分
  • 診療時間
  • 9:00-12:00
  • 15:00-18:30

◎土曜 9:00~13:00
休診日:木曜、日曜、祝日、土曜午後